テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

競技場建設問題・レガシーコストとその打開策(10月29日)
東京五輪・パラリンピックの会場見直し案について、競技団体側から新たな動きだ。26日、都内で競技団体の代表者らが合同会見を行った。日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長はバレーボール・有明アリーナ会場の見直しに対し、「横浜アリーナを整備して会場にする発想が出てくる事が信じられない」と手厳しく批判した。
日本トップリーグ連携機構は団体球技13リーグの「競技力向上と、運営活性化」を目的とする組織である。...
全部読む
川淵三郎氏「五輪会場に横浜アリーナ・・・信じられぬ」(16/10/26)(再生)

最高級&最高潮の激闘!・決戦の地は再び西へ(10月28日)
史上初めての広島と北海道の対決となった今年の日本シリーズ。ともに地元で熱烈な人気を誇る球団同士。初戦の札幌地区の平均視聴率は40%を超え、広島地区での瞬間最高視聴率は75%近くを記録。その試合内容は熾烈を極めた。
シリーズ直前に黒田博樹の現役引退の発表もあり、日本一奪取へムードは最高潮に達している広島の街。第1戦・第2戦は完全に地元カープのペースで連取。対するファイターズは守備のミスが続き、主砲のバットも火を噴かなかった。...
全部読む

なでしこリーグ2016・来季への課題と希望(10月27日)
日テレ・ベレーザの2連覇で幕を下ろした今年の女子サッカー・なでしこリーグ。24日に都内のホテルでリーグ年間表彰式が行われた。最優秀選手賞MVPは、先季に引き続きベレーザの阪口夢穂が獲得。「喜びよりも驚きの方が強い」と語る阪口を筆頭に、ベストイレブンも7名までがベレーザの選手だった。FWの田中美南は今季18ゴールをあげ、初の得点王に輝いた。優勝のかかった8日のベガルタ仙台レディース戦でも決勝ゴールを決めるなど、ここ一番での勝負強さが魅力。...
全部読む
2016/7/30 阪口夢穂選手試合後インタビュー(再生)

厚い壁を突破!!U-19の次世代エース候補(10月26日)
「本当にホッとしています。結構プレッシャーもあったので…」試合後、2ゴールを決めたこの日の主役・小川航基は安堵の表情を見せた。
中東バーレーンで行われているAFC・U-19選手権準々決勝・日本vsタジキスタン。グループリーグを2勝1分けで勝ち進んできたU-19サムライブルーは、タジキスタン相手に4-0で快勝。これでFIFA・ U-20ワールドカップ2017への出場が確定した。この試合、小川が重圧を感じたのも無理はない。...
全部読む
ジュビロTV #232 小川航基・大南拓磨~U 19日本代表候補対談 @5月5(再生)

氷上の熱き闘い・フィギュアGPシリーズ開幕(10月25日)
フィギュアスケートのグランプリシリーズが開幕した。第1戦の舞台はアメリカ・シカゴ。女子では17歳の高校2年生、三原舞依が快挙。ショートプログラムで2位に躍り出ると、続くフリーの演技でも3位に入り、GPシリーズ初出場での表彰台を成し遂げてみせた。昨年末に関節が動きにくくなる「若年性特発性関節炎」を発症し、現在も病と闘いながらトレーニングを続けている三原。試合後にはフリー後半での失速を悔やみ、悔し涙を流す場面も。...
全部読む
三原舞依 FS順位決定後インタビュー(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 5051 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 114 115 116 117 118

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.