テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

トルコのエルドアン大統領;米国が最新鋭戦闘機を売ってくれないならロシア製に乗り換えると脅し【米・英国メディア】

トルコが今年7月、米国の懸念表明を無視して、ロシア製ミサイル防衛システムS-400を導入した。北大西洋条約機構(NATO)の一員であるトルコが、ロシア製武器導入を強行したことから、米国は機密漏洩等を問題視して、当初決まっていた最新鋭ステルス戦闘機F-35のトルコ向け提供を中止した。これに怒ったレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は今週、米国が約束を守らないならば、ロシアとの軍事提携強化に走るだけだと米国側を脅す発言をした。なお、同大統領は来週、ドナルド・トランプ大統領と首脳会談を持つ予定で、会談前に相手を脅すというトランプ大統領のお株を奪った形となっている。

11月7日付米『ボイス・オブ・アメリカ』:「エルドアン大統領、米国が戦闘機提供を拒むならロシアとの軍事提携を強化するまでと脅し」

レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は11月5日、米国が当初の約束どおり、最新鋭ステルス戦闘機F-35を提供しないなら、トルコとしてはロシアとの軍事提携を強化することになると米国側を脅す発言をした。

同大統領は、ロシア製ミサイル防衛システムS-400導入決定について誰からも許可を求める必要はなく、また仮に(米国製に代わって)ロシア製最新鋭戦闘機Su-35を購入するとしても、トルコ自身の判断で行う、とも言及した。...

全部読む

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.