JCCテレビすべて
特集 有望アスリート
2020年09月23日(水)
最新TV速報
【有望アスリート】
佐藤駿4回転ジャンプを成功させ優勝(2月6日)
フィギュアスケート・全国中学校大会が長野市ビッグハットが行われ、羽生結弦と同じ仙台市出身の佐藤駿が優勝をした。

羽生結弦が公式戦で4回転ジャンプを成功させたのは15歳だったが、14歳の佐藤駿は4回転を2度決めた。また大会初出場の13歳・三浦佳生も4回転ジャンプを成功させている。


卓球・木原美悠がTリーグのダブルスに登場(2月4日)
木原美悠が3日、ゼビオアリーナ仙台で行われた卓球Tリーグに長崎美柚(16)とダブルスを組んで登場。鈴木李茄&安藤みなみ組のの逆をつくフォアハンドを決めた木原美悠の活躍で、2-0のストレートで勝利した。

木原美悠は先月の全日本選手権で平野美宇を4-1で圧倒し14歳5ヶ月の史上最年少で準優勝した。


スキージャンプ・小林陵侑がシーズン10勝目(2月3日)
2日、スキージャンプ男子ワールドカップオーベルストドルフ大会の個人第18戦で個人総合ランキングでトップに立つ小林陵侑(22)が6試合ぶりに勝利し、今シーズン10勝目を挙げた。
原田雅彦を抜いて日本選手で3人目の通算10勝到達となった。

男子の歴代通算勝利数でも日本人単独3位に立った。小林陵侑は1回目・224m、2回目・234mのビックジャンプを披露。同じチームの葛西紀明選手兼監督も愛弟子にエールをおくった。


スノーボード・大塚健が優勝(1月27日)
XGAME2019男子スノーボード・ビッグエアで大塚健(17)が優勝した。

前日の予選を2位で通過した大塚健は4回目に得意の大技「キャブトリプルコーク1620」を成功させ、88.00点で優勝。

去年に続き2勝目をあげた。


スキージャンプ・佐藤幸椰がワールドカップ初の表彰台(1月21日)
スキージャンプ男子ワールドカップの個人第14戦。

海外のワールドカップに本格的に参戦するようになって2シーズン目の佐藤幸椰(23)が3位の銅メダルを獲得し初めてワールドカップの表彰台に立った。


過去の記事
1 ... 29 30 31 . . 37

「有望アスリート」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組