テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

米中間緊張が高まる中、中国側要請(?)で米中外交トップ間ハワイ会談設定【米・フランスメディア】

米中両国関係は、今年に入ってからだけでも、新型コロナウィルス(COVID-19)感染流行、香港に関わる新たな反民主化法案、更には米国の人種差別問題再燃等々、お互いが相手を責め、また、マスメディアも対立を煽る論調で報じていることから、一触即発の緊張感が漂っている。そうした中、米国側の責任追及の手を緩ませたいと期待してか、中国側の要請で米中外交担当トップが急遽会談することになった。ただ、会談予定は一日だけで、大きな成果は期待できないものの、ヒートアップした双方の熱冷まし効果はあるかも知れない。

6月15日付米『ボイス・オブ・アメリカ(VOA)』:「香港及び軍縮問題が米中会談の議題」

中国国営メディアが、米中間の対立を煽る最中、米中の外交担当トップが秘密会談を持つことになった。

6月17日にハワイで開かれることになった両国会談には、マイク・ポンペオ国務長官(56歳)と楊潔篪(ヤン・チエチー、70歳)中央外事活動委員会弁公室主任が出席予定である。

6月22日には、米ロ軍縮会議がウィーン(オーストリア)で開催される予定であることから、米国側は中国にも同会議への参加を促すものとみられる。...

全部読む

 

ウィルス禍でマスクを着用すべきか否か、ハムレットの如く悩む政治指導者【米・英国メディア】

新型コロナウィルス(COVID-19)が猛威を振るう中、昔から日本では当たり前だったマスク着用について、諸外国の政治指導者の中で、着用すべきかどうかで意見が分かれている。“アベノマスク”配布を決めた安倍晋三首相はもちろんのこと、記者会見等でマスク着用の首脳が増える中、ドナルド・トランプ大統領や金正恩(キム・ジョンウン)委員長等、自分たちは超越した存在でウィルス感染はしないと信じ、マスク着用を頑なに拒む要人もいる。

5月3日付米『ザ・クォ-ツ』ビジネスニュース:「マスク着用すべきか否か悩む政治家」

COVID-19感染が拡大する中、各国首脳や政治指導者にとって、公の場でマスクを着用すべきか悩んでいる。

現在、多くの国で、外出時のマスク着用が呼び掛けられているが、義務ではない。

世界保健機関(WHO)も、健康な人がマスクを着用していればCOVID-19に感染しないという保証はないため、限られたマスクを、患者や医療従事者に回すべきだとしている。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.