テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【Globali】
 

中国初の純国産空母造船会社幹部に汚職疑惑発覚で同空母就役に影響?【フランス・香港・中国メディア】

習近平(シー・チンピン)国家主席は、特に米国との覇権争いに勝利するためか、東・南シナ海のみならずインド太平洋での海洋覇権に精力を注いでいる。その一環で中国は、軍艦・潜水艦保有数で米国を凌駕したが、空母保有数では、米国の11隻に対して僅か1隻(それも旧ソ連製を改造したもの)であることから、純国産空母開発に注力している。そして5月中旬、建造の終わった中国初の国産空母を試験航行させ、いよいよ目標の2020年就役目指してラストスパートをかける段階まで進んだ。しかし、その矢先、同空母建造を請け負っていた国営造船会社幹部に汚職疑惑が発覚し、同空母就役に影響が出る恐れが出てきた。

6月17日付フランス『AFP通信』:「中国の空母建造を請け負う造船会社幹部に汚職疑惑」

  中国共産党中央規律検査委員会(CCDI)は6月16日晩、国営企業の中国船舶重工集団公司(CSIC、1999年7月創立の造船・舶用機器製造企業)のNo.2である孫博(スゥン・ボ、57歳)を“重大な規律違反(汚職の意)”容疑で取り調べることにしたと公表した。

  CSICは、中国海軍が力を入れている純国産空母の建造を請け負っている。...

全部読む

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.