JCCテレビプレス
特集 マツコ人気を追う
2018年01月16日(火)
最新TV速報
     
【マツコ人気を追う】
8/31 フジ「アウト×デラックス」(第321回)
今回は女優・木村多江がゲスト。木村は今、4Kに怯えているのだという。それはなぜなのか。

「4Kって大自然の絶景とか、野生の動物の生態とか迫力ある映像で撮るものだと思うんです。それを最近は人間とか、ドラマでも適用するので、しかもそれが朝の5時くらいからの撮影で、夜も越えて次の日の朝までやってたりするんで、その日の朝にアップ撮影なんてことがある場合には、本当にイラッとしてしまいます」と木村。スタジオ爆笑。

「そうかぁ、疲れてる時にアップされた時には、そうなってしまいますよね」と同情する矢部。

「なんでアップを撮るんだろうと、思わず、ヒドイって叫んでしまいます」と木村。

ここで外野席にいる女優・高橋ひとみが「その年齢でダメっていうことは、それより上のあたしたちはもっとダメっていうことよね?どうしたらいいのよ、アタシ達は」と突っ込みを入れた。...
全部読む

8/30 テレ朝「マツコ&有吉 かりそめ天国」(第320回)
今回は人から美味しいからと勧められた部位を食べたりするかどうかの話になった。

「なんならサンマの内臓なんて苦くてうまいから食べなよと勧めてくる人がいるけど、あんなもん取れよっていう話だよ。普通、魚でもまず下処理で内臓は取るだろうがよ。なんでサンマだけ内臓食ってやがるのかが、そもそも理解できない」と有吉、これに同調するマツコ。スタジオ爆笑。

これに対し久保田アナが「え、なんでですか?あれって美味しいじゃないですか」と反論。

「じゃ、他の魚の内臓も食えよ!」とマツコが逆襲。

「他のはちょっと…」と久保田。

「そういえば、すき焼きでも最後、牛脂とか食べる人いるよね」とマツコ。

「いる、いる(w)」と同調する有吉。...
全部読む

8/29 TBS「マツコの知らない世界」(第319回)
今回は巨大看板ハンター・高橋芳文(看板制作施工会社社長)をゲストに迎え、後世に残すべき素晴らしき巨大看板の世界を紹介する。

マツコは、高橋(眼鏡をかけた普通のおじさん風)の顔を一目見るなり、「アタシが若いころ信じていたサブカル顔ですね」と第一声を発した。スタジオ爆笑。

新宿歌舞伎町にある高橋の会社に高橋は「アイラブ歌舞伎町」という巨大ネオンサインを設置したが、それが今、外国人観光客の観光フォトスポットになっているのが高橋の自慢なのだという。

さて高橋お勧めの巨大看板はどんなものなのか。

まず道頓堀にある有名な巨大看板グリコサイン。これは歴史ある看板で現在は6代目。1番最初は1935年に設置されたのだという。この看板はずっと同じ場所にある。...
全部読む

8/28 MX「5時に夢中!」(第318回)
今回はお店選びのセンスについて話し合った。

これに対し「お店をよく知っている人と知らない人の差は政治家か、そうじゃないか人の差よ。お店をよく知っている人というのは、政治活動をいっぱいする人なのよ。いろんな人と会食をしたりとか、向上心がある人は、意識が高い系というか、のし上がりたいとかのモチベーションとかがないといけないのよ。そういうモチベーションがあるかないかで、お店に対する探究心も、ものすごい差が出てくると思う。だから、アタシたちなんかはいつも同じ店に行ってるけど、お店に詳しくなりたいんだったら、そういう野心とかは大事なんじゃないのかなと思います!」とマツコ。

政治力を駆使するためのツールとして、お店に詳しくなるというマツコの分析の鋭さに、改めて感心させられた私であった。

8/24 フジテレビ「アウト×デラックス」(第317回)
今回は52歳のイヤミス作家・真梨幸子が登場。イヤミスとは読み終えた後、後味が悪く嫌な気分になるミステリーのこと。真梨は湊かなえと並びイヤミスの女王と呼ばれる。

「イヤミスの女王ってすごいですね。でも、確かに独特な雰囲気ありますよね」と矢部がまず真梨の外見を見て反応した。

これに対し「えっ、本当ですか?」と驚く真梨。

「でも、アタシにはあんな感じの小説を書く感じの人には見えないわ。妄想で10人もの子育てをしているようにもとても見えないです」と矢部に異議を唱えるマツコ。

「妄想で10人子どもを産んだわけですが、産みっぱなしでして、今は子どもがどこにいるかはわからない状態です」と真梨。

「ということは、育児放棄ですか?」とマツコが突っ込む。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 77
「マツコ人気を追う」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
注目番組