テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

「中国とロシア軍艦尖閣水域に入る」その意味は(6月10日)
日本政府は、9日未明にロシア軍艦3隻が、また中国軍艦1隻が尖閣諸島周辺の接続水域に進入したと発表した。

日本の外務省は、夜中の2時頃に即座に、中国在日大使を呼び出して、強く抗議をした。
一方、ロシアに対しては、抗議はしないままである。
ロシアは、「尖閣諸島の領有権を主張していない」からだという。



在日ロシア大使館は、ツイッターで、「日米が主張する『航海の自由』の原則通り」との見解を示した。...
全部読む

危うくなる自由貿易とTPP(6月9日)
米大統領選で対決するヒラリー・クリントン氏とトランプ氏、両者共に「TPPには賛成できない」と述べている。

TPPへの反対の程度は、トランプ氏の方が強いが、クリントン氏も民主党の支持層である労働組合との関係もあり、反対の立場を鮮明にしている。



為替政策についても、両氏は日本と中国を名指しで「自国通貨を安く誘導している」と非難している。...
全部読む

米国大統領選考(6月8日)
米国大統領選の民主党指名候補争いで、AP通信やCNNテレビは6日夜、ヒラリー・クリントン氏(68)が指名を獲得すると報じた。
11月に予定される本選で共和党候補になったドナルド・トランプ氏(69)と対決する見通しになった。



対立候補のバーニー・サンダース上院議員(74)の陣営は、敗北を認めず7月党大会まで指名争いを続ける考えである。...
全部読む

米中対立も(6月7日)
ケリー米国務長官が北京に乗り込んで、習近平国家主席や汪洋副首相等との米中戦略経済会議が6日から開催された。
習近平主席は、南シナ海問題を念頭に「回避困難ですぐに解決できない対立」もあると領土問題で譲歩しない方針を明らかにした。

これに対して米国は国際規範の順守を要求し、対立している。



習氏は、「中国と米国は、対抗や衝突を起こさない新たな大国関係を目指して、相互の信頼を強めるべきだ」と持論の新大国関係論を繰り返し表明した。...
全部読む

動く国際情勢(6月6日)
日本では、7月10日投開票の参院選に向かって、当分選挙モード一色になるであろう。
しかし、その間も世界の情勢は刻々と動いてゆく。

第一弾は、今月末に「英国のEU離脱をめぐる国民投票」がある。
キャメロン首相は、残留に向けて必死の説得を行っているが、情勢は予断を許さない。
ロンドンの前市長のボリス・ジョンソン氏が離脱支持に回るなど、英国民や閣僚内の意見は二分されている。



もし、EU脱退が現実になれば、英国はもとよりEUにも大きな衝撃が走ることになる。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 5556 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.