JCCテレビプレス
特集 風の流れ
2018年01月16日(火)
最新TV速報
     
【風の流れ】
米独首脳会議・無難に行われたが盗聴疑惑で脱線(3月18日)
ワシントンで米独首脳会談が行われた。ドイツ・メルケル首相とトランプ大統領は移民や難民への対応で意見の違いが目立った。
国際社会での安定には、NATO(北大西洋条約機構)を通じた米欧の安全保障協力が重要との認識では一致したが、トランプ大統領は費用負担については「不公平」だと不満を述べた。

またトランプ大統領はメルケル首相に共通の経験であるオバマ前政権時に米国情報機関がメルケル首相を盗聴した疑いを引き合いに出し、自分も盗聴の被害者だと根拠不明の主張を繰り返した。...
全部読む

北朝鮮・北京で記者会見「核ミサイル開発続ける」(3月17日)
北朝鮮は昨日、北京にある大使館に日本や米国などから17社のメディアを呼んで緊急の記者会見を行い、核やミサイルの開発を続けると強調した。北朝鮮公使のナンバー2(パクミョンホ公使)は「朝鮮半島情勢が悪化している原因は全て米国と韓国にある」として米韓が軍事演習を続ける限り自衛のための核やミサイルの開発を続けると述べた。

中国の王毅外相は北朝鮮のミサイルや核実験停止するのと引き換えに米国や韓国が軍事演習を停止するという提案をしたことについては「米国はすぐに断った」として否定的な見方を示した。...
全部読む

FOMC政策金利を引き上げ(3月16日)
米国のFOMC(米国連邦公開市場委員会)が予想通り政策金利を引き上げた。今後引き続き利上げを行っていく考えも明らかにし今年さらに2度の利上げを予告している。雇用はすでに2、3年前から目標値に達していて、物価上昇率も今年になって目標値の2%に近づいていたことから利上げは時間の問題だと予想されていた。

FRBは政策金利を0.25ポイント引き上げ0.75%から1%の範囲とした。引き上げのタイミングに意味があり、2008年金融危機以降、初めてFRBが利上げを行ったのは2015年末だったがその際FRBは2016年中に4回の利上げを行うと予告していた。...
全部読む

原子力空母「カールヴィンソン」釜山入港(3月15日)
米韓合同軍事演習が実施されている中、今日海の上の軍事基地といわれる米国の原子力空母・カールヴィンソンが釜山に入港する。

サッカー場3つ分の広さでその存在感だけでも驚異的だ。
F-35Bステルス戦闘機や特殊部隊を運ぶオスプレイなども朝鮮半島に集結する。

今回の機動訓練は有事の際に北朝鮮の核ミサイル基地や指導部をピンポイント攻撃する想定で実施される。

北朝鮮は6日にも4発の弾道ミサイルを在日米軍基地を想定し実験的として発射した。...
全部読む

ドイツ産業界・トランプ氏に怯える(3月14日)
13日予定されていた米独首脳会談は、17日に天候の為延期になった。
メルケル首相は13日、経済関係者の会合で集中的な話し合いを行った。中心となったのは、トランプ大統領就任後の対米貿易政策で、トランプ大統領は、予定されていたメルケル首相の訪米を前に、ドイツの経済政策に関して首相を度々批判してきた。

自動車部品メーカーは、トランプ大統領が導入を示唆した国境税を課せられると、取引が損なわれる恐れがあるとドイツ経済界と心配している。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 133
「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
注目番組