テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【マツコ人気を追う】

10/2 テレビ朝日「5時に夢中!」(第332回)
今回は毎日新聞の記事から「東京・港区民は10人に1人が社長」という記事について討論した。

「マツコさん、港区は10人に1人が社長ということですが、どう思いますか」とふかわが質問。

「でも、今社長やるのって昔と違って簡単じゃない?お金も前ほどかからなくなったし、みんな株式会社を普通に立ち上げられるようになったから、昔は預託金が1000万円だったからね。だから、『前のように社長だからすごい』みたいなのはもうなくなったよ。アタシだって会社1個持ってるもの。イベントとかやる時用に作ったんだけど、誰か1人ぐらい社員を雇ってやってみようとは思ってたんだけど、いざやろうとすると、やっぱり人の人生を抱えることなんかアタシにはできないと思ってしまって、そのまんま1円も出し入れすることなくただ登記だけの、まったく活動していない会社なのよ。でもアタシ一応は社長なのよ」とマツコ。

「税収まで調べて港区が一番なのかどうかという話になる。社長ばっかりいても意味がないわ」と若林。

横で話を聞いていたガウちゃんが「難しい話はわからないけど、社長には一度なってみたいですね」とコメントし、うまくまとめた。

9/28 テレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(第331回)
今回も「自由とは何か?」という話から、「新たなスターはどのように誕生するのか」まで幅広い話がマツコと有吉の間で交わされた。

「日本は規制が多いとかルールが厳しすぎるんじゃないかとかよく言われるけど、だからといってルールが緩い国に行ったとしても、楽しいかというとそれは疑問。発展途上国みたいなところに行って急にお笑いを始めたとして、何やってもOKみたいに言われても逆にアイデアは浮かんでこないなと思う」と有吉。スタジオ爆笑。

「自由であるというのは意外にお金がないこととリンクしてるのよ。ある程度制約が生まれるのは、それだけ周りに人が増えて、いろんな人が投資をしてくれたりした上で作れるわけであって、何にもないところでできることも実は制約だったりするから、ない物ねだりということになるのよ」とマツコ。...
全部読む

9/20 テレ朝「マツコ&有吉 かりそめ天国」(第330回)
今回、番組の途中で死んだらどのように弔ってもらいたいかという話になり、マツコと有吉が独自の見解を示した。

久保田アナが「お墓に入りたいという思いはありますか」と有吉に尋ねた。

すると有吉は「自分だけのこととしてマジで言えば、死んだら別にゴミとして出してもらってもいいよ。区が許すんだったらね」と返した。スタジオ爆笑。これにマツコも「それ、わかる」と同調した。

「そうよ。埋立地にそのままもって行ってもらえればいいのよ。だけどそれだと今の日本では(法律上)無理なので、とりあえずお墓を用意しておくしかないのよ。でも、あたしはあたしのこと食べてくれるんだったら別に鳥葬でもいいと思っているのよ」とマツコ。

「免許とかに餌にしてくださいって一筆書いておきたい(笑)」と有吉。...
全部読む

9/25 MX「5時に夢中!」(第329回)
安倍首相が衆院解散会見を行い、小池知事は新党の名前を発表した。今回はマツコが珍しく政局について語った。

「何かあたし民主党の時もそうだったんだけど、たしかに民主党は拙い政党だったけど、2大政党制の方向にあの時進んでしまったわけで、国民が本当は民主党を育てなきゃいけない部分もあったんだと思う。我慢できないこともあったけど、多少我慢しながら自民党とちゃんと争える政党を国民が作らなきゃいけなかったのよ。それなのにまんまと自民の戦略に乗ってしまい、民主党を捨てちゃったわけじゃない?それで独裁的な自民党がまた誕生してしまったわけだけど、そのバランスというものを国民がとっていかないと誰もとれないわけで、選挙でバランスととるしかないわけだから、このまま行くと結局その先にあるのは森友学園とかで、裏切らたって騒いで、舌の根も乾かないうちに今度は甘い言葉を言われて今までのこと忘れちゃうわけよね。本当に忘れやすいわよね」と一気に政治論を語るマツコ。

さらに「このタイミングで増税の話をするのは間違いじゃないのかしら?これから景気が先細りしていく時なのに。今回もタイミングを間違えたら大変だよ。教育費無償化だけでは根本的な解決にならないわけじゃない?そっちに踏み込むんであれば、北欧型のちゃんとそれができるシステムなりをそれこそ作らないといけないのに、そっち(消費税)ばかりをやってもうまくはいかないと思う。...
全部読む

9/21 フジテレビ「アウト×デラックス アウトの極みSP」(第328回)
今回は日本一稼いでいる推理小説作家ともいわれる西村京太郎がゲスト、謎に包まれた西村の私生活をマツコと矢部が暴く。

「今、湯河原に住んでるんですが、久しぶりに東京に出てきてめまいがしています」と西村。

「なんでそんな方がよりによってアウト×デラックスに出ることを選んだのか、すごい不思議なのよね。クローズアップ現代とかの方がよっぽどよかったんじゃないの」とマツコがさっそく反応。スタジオ爆笑。

「まー人生、我慢ですからね」と西村。なにやらちぐはぐ感がある。

「まー、この番組に出るのも修行の一環という意味でならば、その答えでも理解できないこともないけど…」と西村の答えについて好意的解釈をするマツコ。

「ところで、この番組はどのような番組なのかはご存じでしたか?」と西村に恐る恐る基本的な質問を聞く矢部。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 67 8 9 10 … 72
「マツコ人気を追う」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.