JCCテレビすべて
特集 風の流れ
2018年07月21日(土)
最新TV速報
【風の流れ】
トランプ大統領・中国の知的財産侵害めぐり・巨額の罰金検討(1月18日)
中国による知的財産の侵害をめぐる問題で米国・トランプ大統領は去年8月、一方的な制裁措置を発動できる「通商法301条」の適用を視野に入れた調査を始めるよう米国通商代表部に求める大統領令に署名した。

トランプ大統領は17日ロイター通信のインタビューで「知的財産の問題で巨額の罰金を検討。近く公表される」と述べ、中国に対して何らかの制裁措置の発動を検討していることを明らかにした。

今月下旬に予定している一般教書演説で、中国との貿易問題を取り上げる考えを示した。...
全部読む


「イプシロン」3号機・打ち上げ成功(1月18日)
「イプシロン」の3号機は1段目のエンジンに点火した後轟音とともに発射台を離れ衛星を覆っているフェアリングなどを切り離しながら順調に飛行を続けた。

打ち上げから50分余で高度500キロ付近で衛星を軌道に投入し打ち上げは成功した。

「イプシロン」は小型の人工衛星を低コストで打ち上げられるようにしようとJAXA(宇宙航空研究開発機構)などが開発した日本の新しい小型ロケットで、打ち上げ費用がおよそ40億円と従来の小型ロケットの半分程度に抑えられている。...
全部読む

統一会派見送り・民進執行部に責任論も(1月18日)
民進党と希望の党は15日に幹事長らが会談し、国会での統一会派結成へ正式に合意文書を交わしたが、きのう両院議員総会で慎重な意見が相次ぎ結論を見送り、立憲民主党を含めた3党の統一会派を目指して交渉を続けることになった。

希望の党では、“前提条件が崩れた”として民進党との交渉に応じない方針を確認し、統一会派結成は見送られることになった。

民進党では一部の議員から執行部の責任論も出されるなど、通常国会を前に執行部の求心力の低下が避けらない状況にある。...
全部読む

バノン氏に大陪審召喚状(1月17日)
ニューヨークタイムズによると、16日トランプ米政権を巡るロシア疑惑を捜査中のロバート・モラー特別捜査官が先週に、「スチーブン・バノン元大統領上級顧問」に対し、大陪審での証言を求める召喚状を出したと報じた。

バノン氏はトランプ大統領の側近だったが、政権の暴露本でトランプ氏の長男を非難したことでトランプ氏とは絶縁状態にある。
モラー氏の揺さぶりの一環で、バノン氏が捜査官の非公式な聴取に応じれば、大陪審証言の要求を取り下げるという、司法取引を行う可能性もあるとしている。


横須賀基地配備・米国・イージス艦・当時の艦長など軍法会議へ(1月17日)
去年6月神奈川県横須賀基地に配備されていたイージス艦「フィッツジェラルド」が静岡県沖でコンテナ船と衝突して乗組員7人が死亡し、8月に「ジョンマケイン」がマラッカ海峡でタンカーと衝突して乗組員10人が死亡。米国海軍はフィッツジェラルドは当時の艦長と一部の乗組員について、ジョンマケインは当時の艦長について過失致死や職務怠慢などの疑いがあるとして訴追し、軍法会議に向けた手続きに入ると発表した。

米国海軍は先に公表した捜査結果で、衝突を招いた要因として艦長の判断ミスや乗組員の能力不足などを指摘していた。...
全部読む

過去の記事
1 ... 42 43 44 . 50 60 70 . 175

「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組