テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

プーチン大統領の本音が見えた(12月19日)
安倍首相は、プーチン・ロシア大統領との会談を終えて、「プーチン氏は1956年の日ソ共同宣言での色丹島と歯舞群島の引き渡しは、『主権を返すとは書いていない』という理解である」と語り、日本側の理解とは、大きな違いがあると述べた。

プーチン氏はこれまでも「ロシアには北方領土問題は存在しない」との認識を示してきた。
これは、日本側の理解と大きく乖離するもので、このような解釈の下で、いくら交渉をしても、日本側が意図している結果は得られないことになる。...
全部読む
日ロ首脳会談で「日本が歴史的な妥協」 ロシア報道(16/12/17)(再生)

対ロ経済制裁で岐路に立つ日本(12月16日)
東京では、安倍首相とロシア大統領のプーチン氏の首脳会談など、「日ロ関係」を前進させようとする試みが動いている。
しかし、15日ブリュッセルで開かれたEU首脳会議ではウクライナ紛争を巡る「対ロ経済制裁」を来年1月末から半年間延長することを決めた。

フランスのオランド大統領は、ロシアはウクライナ東部での停戦合意を守る気がないと手厳しく批判している。
更にロシアとイランに対し、北部アレッポの住民の救護と保護を即座に実施し、国連の監視下で住民を安全に非難させることなどを求めた。...
全部読む

トランプ氏をめぐる金融経済の風(12月15日)
トランプ氏が米国大統領選で勝利してから初めて、FRB(米連邦準備制度理事会)は14日、1年ぶりに政策金利を引き上げることを決めた。
FRBは、トランプ氏が大規模な景気刺激策を掲げており、来年の利上げ予想は年3回になるとして、利上げのペースは速まるとの見方を示した。

今、トランプ氏が掲げる大規模減税やインフラ投資などの政策への期待から株価や金利が上昇している。
財政赤字が増えるとの見方から長期金利が上がり、ドル高が進んでいる。...
全部読む

トランプ氏の外交戦略(12月14日)
トランプ次期米国政権の陣容が見えてきた。
次期国務長官には、石油メジャー最大手エクソンモービル社のCEOであるレックス・ティラーソン氏に決まった。

ティラーソン氏は、ロシアでの事業に深く関わり、プーチン大統領から「ロシア友好勲章」を授与された、文字通り親プーチン派の人物である。
この人事が意味するところは、トランプ次期政権ではロシアとの関係を修復し、「クリミア・ウクライナ紛争」で決定的に悪化した米ロの関係を改善して行こうとする意図が見える。...
全部読む

トランプ氏会見来月に延期(12月13日)
米国・トランプ次期大統領は今週、大統領選挙の後初めての記者会見をひらくと発表していたが、政府高官の人事など政権移行に向けた準備に専念するため、会見は来月に延期されることになった。
トランプ次期大統領は、自身の事業から離れ大統領職に専念する考えを、今週15日に予定されていた記者会見で説明することになっていた。

一方、トランプ氏は、国土安全保障長官に海兵隊出身のジョンケリー元大将を、国家経済会議委員長にゴールドマンサックス社長兼最高執行責任者・ゲーリーコーン氏を起用すると発表した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 110
「風の流れ」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.