テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

シェアーリングエコノミーの波(6月3日)
2日に取り上げた、自動車配車システムのウーバーも「シェアーリングエコノミー」であるが、「空き部屋の貸し借りをインターネットを活用して仲介するビジネス」も似たようなビジネスモデルであるがここにも注目が集まっている。

ウーバーは、70か国・地域で展開しているが、シェアーリングモデルは、ここ1年で約2倍の成長を遂げているといわれている。

日本でも同様だが、ドイツなど欧州でもこういったビジネスへの規制の動きもある。...
全部読む
シェアリングエコノミーが変革する未来~Uber×スペースマーケット×akipp(再生)

米国発新たなベンチャーの潮流(6月2日)
米国発のベンチャービジネスというと、グーグルやアマゾンを連想するが、今度は自動車配車システムのウーバーが、サウジアラビア政府から35億ドル(約3850億円)という巨額の出資を受けることになったという。

その背景には、サウジアラビアならではの事情がある。サウジアラビアでは女性が車を運転することは禁止されており、ウーバー社はアプリの利用者の80%を女性が占めるだろうと予測している。

今回の巨額の投資は、サウジアラビアの政府系ファンドである「パブリック・インベストメント・ファンド」(PIF)により行われ、ウーバー社の役員にPIFのアルルマヤン氏を迎え入れることが決定したと報じる。...
全部読む
¡Sorpresa! Gian Piero Diaz maneja con U(再生)

アベノミクスの構造改革(6月1日)
G7首脳会議でも取り上げられた「構造改革」とは、現実にどう考えればよいのであろうか。

ドイツが最も力を入れているのが、「第4次産業革命」ということになるのだろう。具体的にはIoT(もののインターネット)をはりめぐらせ、基幹産業を情報で結合するという構想だ。完成品製造過程の情報と部品製造過程の情報が有機的に結合し、企業横断的に情報管理が可能となり、生産や在庫、さらには販売との一体化が図りやすくなる。...
全部読む
伊勢志摩サミット閉幕 財政出動の必要性で一致(16/05/28)(再生)

潮目は変わる・日本の「強さ」を造れるか(5月30日)
オバマ米国大統領の広島訪問により、日本と米国の関係はより近くなった。
オバマ氏の演説や立ち振る舞いは、理性的で予定調和的で安心感がある。
しかし、次の大統領に誰が選ばれるかによって、日米の関係は大きく変わることになる。

世界中が、戦々恐々としている大統領候補がトランプ氏であることは言うまでもない。
「アメリカ・ファースト」であることは分かるが、どこまで強行なのかは見当がつかない。
直ぐに、影響が出るのは、貿易と防衛である。...
全部読む

英語の使い方から見るオバマステートメント(5月27日)
英語での話し方は、特に外交で用いる場合は結構用心が必要である。
読売新聞朝刊27日、2面にオバマ氏「深い遺憾」最上級の誠意と題した囲み記事が掲載されていた。

沖縄県うるま市事件を受けて、記者会見で、オバマ大統領は「I extended my sincerest condolences and deepest regrets」と発言した。
通常では使わない「SINCEREST」という最上級の表現を使っていることにオバマ氏の誠意を感じると評価する川村学園女子大学・石川薫特任教授の弁を紹介した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 6869 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.