テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

首相25日に会見・解散の理由説明へ (9月20日)
安倍首相は今月28日に衆議院を解散する方向で最終調整を進める意向。25日に記者会見をし、解散に踏み切る理由を説明する方針。

国連総会のため米国・ニューヨークを訪れている安倍総理は22日に帰国後、衆院の解散・総選挙に踏み切る時期を最終決定の考えを示した。
11月上旬に予定されているトランプ大統領の日本訪問などへの影響も考慮し今月28日に召集される臨時国会冒頭で衆議院を解散し、来月10日公示、来月22日投票の日程で最終調整を進める意向という。...
全部読む


米中首脳電話会談“北朝鮮に最大限圧力を”(9月19日)
北朝鮮をめぐっては米国・トランプ大統領は18日、中国・習近平国家主席と電話で会談をした。ホワイトハウスによる両首脳は核やミサイル開発を加速させる北朝鮮に対し、国連安保理の制裁の履行を通じて最大限の圧力をかけていく方針を確認した。

一方、中国外務省は具体的なやりとりを明らかにしていないが習主席は北朝鮮への圧力を強化しながらも対話による解決の重要性を訴えたものとみられる。
また中国外務省によるとトランプ大統領の年内の中国訪問についても協議をした模様である。...
全部読む

安倍総理今日から訪米・北朝鮮へ圧力強化呼びかけへ(9月17日)
安倍総理はきょうから22日までの日程でニューヨークを訪れ、国連総会の一般討論演説や米国・トランプ大統領、韓国・文在寅大統領との3か国の首脳会談に臨むため、きょう米国に向けて出発する。

この中で安倍総理は北朝鮮が事前の通告なしに日本上空通過の弾道ミサイルの繰り返し発射や核実験強行を取り上げ強く批判した。
そのうえで過去の北朝鮮との対話が核開発などの放棄につながらなかったことを指摘した。

更に安倍総理は一般討論演説で北朝鮮に核やミサイル開発を放棄させるには、圧力強化が必要だとして国際社会の結束した対応を呼びかけるとしている。


北朝鮮の核問題・国連安保理・21日に閣僚会合・開催へ(9月17日)
国連の安全保障理事会は、北朝鮮の核問題について話し合う閣僚会合を今月21日に開催する方向で調整している。

会合には日本・河野外相、米国・ティラーソン国務長官、中国・王毅外相、ロシア・ラブロフ外相らの出席が見込まれている。
北朝鮮への圧力の強化を主張する日本や米国と、対話の重視を主張する中国やロシアとの間で歩み寄りが見られるのかどうか注目される。

弾道ミサイル発射・国連安保理が北朝鮮非難の声明(9月16日)
今回の北朝鮮の弾道ミサイルの発射は国連安全保障理事会が北朝鮮に対して追加の制裁を課す新たな決議を採択してからわずか3日後のことである。

国連の安全保障理事会では緊急の会合が非公開で開催。議長をつとめるエチオピア・アレム国連大使は「北朝鮮に対する挑発的な弾道ミサイルの発射を非難する」とする報道機関向けの声明を発表した。

今回の声明は平和的で包括的な対話を進めようとするメンバー国の取り組みを歓迎するとして対話の再開を重視する中国とロシアの立場に配慮するものとなっている。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 … 110
「風の流れ」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.