JCCテレビすべて
特集 風の流れ
2018年07月21日(土)
最新TV速報
【風の流れ】
フランス・マクロン大統領“中国がパリ協定救う”(1月9日)
中国を初めて訪れているフランス・マクロン大統領は、習近平国家主席の地元の陝西省の西安で演説した。

米国・トランプ政権が脱退を表明した地球温暖化対策の国際的な枠組みのパリ協定について中国が協定にとどまる決断をしたことが協定を救ったと述べ、今後、フランスと中国が協力して温暖化対策を主導していくことが重要だと訴えた。

パリ協定をめぐって、各国は今年12月に開催される国連の会議COP24で具体的なルールについて合意を目指しているが、交渉は難航していて、マクロン大統領は中国の協力を取りつけて交渉を進展させたい思惑もあるとみられる。

移住先探す旅で・難民や移民5300人余死亡(1月7日)
去年、移住先を探す旅の途中で命を落とした世界の難民や移民の数は、規制強化の影響で前の年より減少したものの5300人余にのぼったとIOM(国際移住機関)が5日に発表した。

地域別では、北アフリカや中東からヨーロッパを目指す人たちのルートとなっている地中海が3116人と最も多く、アフリカで1024人、米国とメキシコの国境で369人などとなっている。

3日にはメキシコから川を泳いで米国に入国しようとした男性がおぼれて死亡しており、命を落とす難民や移民が後を絶たない中、国際社会の対応が問われている。

日本政府“北朝鮮への圧力変わりなし”(1月6日)
政府は、米韓合同軍事演習の延期や韓国と北朝鮮による南北会談の開催が決まったものの、北朝鮮への圧力を最大限高めていく方針に変わりはなく、近く韓国との連携を改めて確認した上で国際社会の結束にほころびが出ないよう働きかけを強める方針だ。

米国と韓国がピョンチャンオリンピックの期間中は合同軍事演習の実施を見送ることで合意したのに続き、韓国政府はきのう南北の高位級会談を北朝鮮が受け入れたと発表した。
日本政府内では、北朝鮮を五輪に参加させ大会を成功させたいという韓国政府の意欲の表れとして一定の理解を示す意見が出ている。...
全部読む

スティーブバノン前首席戦略官の政権暴露本出版される(1月5日)
トランプ政権の内幕を描いたとされる本が出版される。大統領の家族、スティーブバノン前首席戦略官が大統領の息子・ジュニアを厳しく非難する発言が書かれていると言われる。

トランプ陣営幹部が民主党・クリントン候補を貶める情報を得る目的で2016年6月、トランプタワーでロシア人弁護士と面会した問題について、バノン前首席戦略官は「反逆的」などの表現を使ったとされる。

3日、大統領の弁護士はバノン前首席戦略官に侮辱的な発言をやめるよう警告した。...
全部読む

米韓合同軍事演習・米国・国防長官“現時点で中止する考えない”(1月4日)
米国軍と韓国軍の軍事演習について韓国側が五輪パラリンピックに重ならないよう延期を提案していることをめぐり米国・マティス国防長官は両国間の調整次第だとした上で現時点で演習を中止する考えはないことを明らかにした。

北朝鮮への圧力について「国際社会の多くの支持とともに外交努力が払われ経済面において言葉でなく実際の行動で強化されている」と述べた。

過去の記事
1 ... 45 46 47 . 60 70 80 . 175

「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組