テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

安倍首相・トランプ氏との手合わせへ(2月9日)
ロス米次期商務長官の正式就任が今回の訪米までに見込めなくなったことで、世耕弘成経済産業相の首相同行渡米は取りやめになったと、8日明らかになった。

安倍首相は、9日トランプ大統領との首脳会談の目的で、麻生財務大臣を伴って訪米する。
今回の首脳会談では、「日米成長雇用イニシアチブ」と称して、米国での高速鉄道などへのインフラ投資やロボット、AIの共同開発など日本からの提案を用意している。
これには、日本から50兆円近くの資金的背景が必要となると見られている。...
全部読む

日本と中国の対米貿易の状態(2月8日)
菅官房長官は記者会見で米国の去年の貿易赤字の規模を国別にみると日本は中国に次ぎ2番目となったことについて、かつてより大幅に減少していると強調した上で、今週末の日米首脳会談では両国の経済関係をめぐって建設的な議論を行ないたいという考えを示した。

米国商務省が発表した去年の貿易統計で年の貿易赤字の規模を国別にみると日本は中国に次ぎ2番目となった。菅官房長官は「日本企業は米国に多大な投資をしており、米国・国務省の発表によると日本企業の直接投資残高は4110億ドルを上回り約84万人の雇用を創出している」と述べた上で、「トランプ政権の理解を得られるよう努めていくとともに日米経済関係がさらに深化、発展するようにしっかりと対応していきたい」と述べた。...
全部読む
経常黒字、高水準 対米貿易は今後も堅調予測(17/02/08)(再生)

重大な局面を迎える安倍政権(2月7日)
安倍総理大臣は今週末の米国・トランプ大統領との日米首脳会談で親密な信頼関係構築を進め、安全保障や経済面で緊密な協力を確認したい考えとみえる。
日本の自動車市場や金融・為替政策を批判してきたトランプ大統領の出方が十分に把握出来ていない事から政府は神経を尖らせており、情報収集と調整に全力を挙げる事にしている。

安倍首相は今月9~13日までの日程で米国訪問、現地時間10日にワシントンでトランプ大統領と初の首脳会談へ。...
全部読む

米国商務省・中国に報復関税等をかける(2月6日)
2月6日付『シナ通信』によると、2月2日、米国商務省は「中国からの鉄鋼製品輸入品に75.6%から190.71%の報復課税に加えて、63.86%から76.64%の反ダンピング税を課す」との声明を出した。
この声明を受けて、中国当局は「中国は米国政府が中国鉄鋼製品に特別関税を課すことに失望し、米国が特別関税を課してダンピングを防止するのは公平でない」と懸念を表明した。

中国商務省のウェブ上で中国当局は、「米国は中国企業から証拠として提出された書類を無視してWTO(国際貿易機関)規則を破り、中国企業は国営企業であるとの口実で中国企業を不当に扱った。...
全部読む

米国の防衛戦略と新たな技術構想(2月5日)
今、米国は新たな戦略を開発中であり、日本のような技術を持っている同盟国と米国は連携したいと考えている。それは開発中の人工知能だったり、あるいはロボットだったりする。その圧倒的な技術で米国にチャレンジしようとしている国を突き放したい。その技術を民間に出して経済的発展もさせたいという大きな発想がある。

クリントン政権の時に、すでに1968年に着手し、当時のソ連に対する軍事技術であった、「インターネット」を民間の技術構想として、「情報ハイウェイ戦略」を打ち出し、グーグルやアマゾン等の米国企業が活躍する現在のような世界を創出した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 110
「風の流れ」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.